妊娠中に全身脱毛してもいいの?

全身脱毛を行う場合では、2通りの方法があり脱毛サロンで全身脱毛を行うのかとか脱毛クリニックで全身脱毛を行うのか?

 

とか様々な方法があるわけなのですが、脱毛サロンではフラッシュ脱毛や脱毛クリニックでは強力なレーザー脱毛とかが行われていて、どちらも毛根を死滅させるので肌や子宮やお腹の胎児までに影響を及ぼしたりしないだろうか?

 

というような漠然とした不安を持っていらっしゃる方も多いみたいなのです。

 

確かに、全身脱毛というと全体的に毛根を死滅させますので肌だけではなく、子宮やお腹の胎児にも影響を及ぼしかねません。

 

ただ、光脱毛の光線は可視光線と呼ばれているもので、太陽光線から放出されている紫外線よりも弱い光線なので、それは肌にはもちろんのこと、子宮にもお腹の中の胎児にも影響を及ぼしませんので安心して良いでしょう。

 

しかし、多くの脱毛サロンでは妊娠中の脱毛施術が行われていないという現状があるのですが、これは施術中に無理な体勢を強いられることになるので、母体への負担はもちろんのこと、お腹の中の胎児にまで大きなストレスを及ぼして、その後に何らかの障害などが出てしまう可能性があるから脱毛サロンは妊娠中の方の脱毛施術は拒否しているわけなのです。

 

妊娠中はホルモンバランスも不安定になるので、お肌の過敏性などの問題も強く起こるようになりますので、妊娠中の脱毛サロンなどを通しての脱毛処理は行わないようにした方が無難ですね。

 

ホルモンバランスが乱れがちになってしまうような状態の時の脱毛サロンの利用はできるだけ控えるようにした方が安全ではないでしょうか。

 

また、脱毛サロンでの妊娠中の脱毛をした場合では、医療機関ではないので、アフターケアに対処したりすることは難しいのです。